【iOS 14】注目の新機能♪刷新された【ウィジェット】

  1. iOS

iOS 14 ウィジェット

先日のWWDC20で発表された「iOS 14」

f:id:bambamboo333:20200623085114j:plain

毎年1度訪れる「iOS」のメジャーアップデート。
今年も「この秋、登場」として、そのリリースが待ち望まれます( ^ω^ )

そんなメジャーアップデート版の「iOS 14」ですが、例年よろしく新機能が満載でリリースされる予定です♪

www.apple.com

Appleは「iOS 14」の紹介サイトにて、

iOS 14
いくつもの新しさを、
いつもの使いやすさで。

毎日何度もすることを、これまでになく簡単にできるように。
iOS 14は、新しいデザインと新しい方法をお届けします。
必要なものを一瞬で使えるようにする新機能もいろいろ。
おなじみのアプリもさらに賢くなり、
あなたの使い方にもっと合わせられます。
しかも、プライバシーをさらに守れるようになりました。

と、 このように表現しています♪

 

新しい「ウィジェット」

と、メジャーアップデートである「iOS 14」で登場する新機能は多岐にわたっていますが、今回取り上げるのが新しい「ウィジェット」機能ψ(`∇´)ψ

兎にも角にも、まずは新しい「ウィジェット」機能を使ったホーム画面を見てもらうのが1番かと思うので、Appleが紹介している画がこちらです!

f:id:bambamboo333:20200721084243p:plain
「iOS 14」新しい「ウィジェット」

これまでの(iOS13以前)ホーム画面と比較すると、大きく変貌を遂げたホーム画面だと、ひと目でわかりますね(´∀`)

上記画像にある通り、Appleは、

ウィジェットをホーム画面に
より多くの情報を一目でチェックできるように、ウィジェットを完全に再設計。これからはホーム画面にも追加できます。様々なサイズから選べて、画面上の配置も自由です。

アプリの使用頻度をもとに賢く選ばれたウィジェットを、スマートスタックとして追加できます。そのため、一日を通じて、適切なタイミングで適切なウィジェットが自動的に表示されます。

と、新しい「ウィジェット」について表現しています( ^ω^ )

 


主な特長と機能の向上

Appleは「主な特長と機能の向上」と題した「iOS 14」の新機能を紹介しているサイトも公開中。

www.apple.com

その冒頭では、

iOS 14で登場する
新機能。

毎日何度もすることを、これまでになく簡単にできるように。
iOS 14は、新しいデザインと新しい方法をお届けします。

と、「iOS 14」を表現しています♪

その中で、新しい「ウィジェット」についての説明を紹介!

ウィジェット

再設計されたウィジェット
より美しく、より多くのデータを表示できるように、ウィジェットのデザインを一新。一日を通して、さらにたくさんの便利な機能をお届けします。

ウィジェットで何でも
新しいデザインのAppleウィジェットは、天気、時計、カレンダー、メモ、マップ、フィットネス、写真、リマインダー、株価、ミュージック、Podcast、ヒント、バッテリー、スクリーンタイム、ファイル、Siriからの提案、ショートカット、おすすめのアプリに対応します。

ウィジェットをホーム画面に
ホーム画面のどこにでもウィジェットを置いて、情報を一目でチェックできます。交通情報を調べたり、アクティビティや次の予定などを管理するのに最適です。

ウィジェットを違うサイズで
ウィジェットを大、中、小の3つのサイズで表示できます。必要な情報量に合わせて選びましょう。

ウィジェットギャラリー
Appleと他社製アプリのウィジェットを一か所に集めたギャラリーに、インストールしているアプリとその使用頻度にもとづく上位のウィジェットが表示されます。

ウィジェットスタック
最大10個のウィジェットをまとめたスタックを作って、ホーム画面のスペースを最大限に活用できます。一つのウィジェットを別のウィジェット上にドラッグし、スワイプするだけで使えます。

スマートスタック
ウィジェットギャラリーでは、スワイプで使えるウィジェットのセットであるスマートスタックを選べます。デバイス上の知能を使って、時間、場所、アクティビティなどの要素をもとに、適切なウィジェットを適切なタイミングで表示します。例えば、朝は天気ウィジェットでその日の天気、日中はカレンダーで次の予定、夕方はAppleマップで帰宅時の所要時間をチェックできます。

「Siriからの提案」ウィジェット
「Siriからの提案」ウィジェットは、デバイス上の知能を使って、コーヒーの注文やPodcastの開始など、あなたの使用パターンをもとに予測される行動を表示します。提案をタップすると、アプリを起動せずにそのアクションを実行できます。

デベロッパAPI
デベロッパは、再設計されたウィジェットを活用できるようにする新しいAPIを使って、独自のウィジェットを作れます。ホーム画面に配置したり、適切なタイミングで表示する機能を持たせることができます。

ざっと「ウィジェット」に関する新機能を紹介しましたが、これらの特徴を読むと、新しい「ウィジェット」だけでも「iOS 14」に対する「わくわく」が止まりませんψ(`∇´)ψ

 

その他にも

今回は新しい「ウィジェット」について取り上げましたが「iOS 14」では、様々な機能の刷新・向上が盛り沢山です♪

「iOS 14」の新機能や機能の向上を取り上げている上記でもご紹介したサイトでは、

ウィジェット
Appライブラリ
コンパクトなUI
検索
メッセージ
ミー文字
マップ
翻訳
Siri
ホーム
Safari
車のキー
CarPlay
AirPods
App Clip
プライバシー
ほかにもいろいろ

これらの新機能や機能向上が紹介されています( ^ω^ )

www.apple.com

大型メジャーアップデート!

ここ例年のメジャーアップデートの中でも、大きく刷新されて登場する模様の「iOS 14」

Appleの「iOS 14」の紹介サイトを見ながら、ニヤけている私がいます。

次期「iPhone」のリリースももちろん楽しみですが、同じくらい楽しみで仕方ない「iOS 14」のリリース。

と、今回は、そんな「iOS 14」の中でも大きく変化し、iPhoneの使い方が大きく変貌しそうな、新しい「ウィジェット」についてのご紹介でした。

では、今回は以上です。
ほなまた。

via Apple(1),(2)


  • コメント: 0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。