Apple 「iOS 14.2」をリリース!その変更点は?アップデート方法は?同時に「WatchOS 7.1」も♪

  1. iOS

iOS 14.2

本日未明、Appleが「iOS 14.2」をリリースしています( ^ω^ )

「iOS 14.2」

「iOS 14.2」の修正点や変更点等の案内は下記の通り。

 

「iOS 14.2」の概要

 

「iOS 14.2」このアップデートについて

iOS 14.2には、iPhone用の以下の機能改善が含まれます:

  • 動物、食べ物、顔、家庭用品、楽器、性差別のない絵文字など、100種類以上の新しい絵文字
  • ライトモードとダークモードの両方のバージョンでデザインされた8枚の新しい壁紙
  • 拡大鏡で近くにいる人を検知し、iPhone 12 ProおよびiPhone 12 Pro Maxに搭載されているLiDARセンサーでその人との距離を報告可能
  • MagSafe対応iPhone 12レザースリーブに対応
  • AirPodsのバッテリー充電を最適化し、AirPodsがフル充電された状態の時間を減らすことで、バッテリーの劣化速度を抑制
  • ヘッドフォンの音量通知機能によって、音量が聴覚に影響を及ぼす可能性があるときに警告
  • 新しいAirPlayコントロールで家中にエンターテイメントをストリーミング
  • iPhone、iPad、Apple Watch、AirPods、CarPlayでHomePodおよびHomePod miniのインターコムに対応
  • HomePodをApple TV 4Kに接続してステレオ、サラウンドサウンド、ドルビーアトモスオーディオを再生可能
  • 接触通知に関する統計情報を、個人を特定しない形で対象の公衆衛生当局に提供するオプションを追加

このリリースには、以下の問題の修正も含まれます:

  • ホーム画面のDockでAppが機能しなくなる問題
  • カメラを起動したときに、カメラファインダーが黒く表示されることがある問題
  • パスコードを入力しようとしたときに、ロック画面のキーボードをタッチしても認識されない可能性がある問題
  • “リマインダー”で過去の時間がデフォルトで設定されることがある問題
  • “写真”ウィジェットにコンテンツが表示されないことがある問題
  • “天気”ウィジェットで華氏を設定しているのに最高気温が摂氏で表示されることがある問題
  • “天気”の“これから1時間の降水確率”の表で、雨の止む時間が誤って表示されることがある問題
  • “ボイスメモ”の録音中に電話がかかってくると中断される問題
  • Netflixのビデオを再生中に画面が黒くなることがある問題
  • Apple Watch Appを開いているときに、予期せずApple Watch Appが終了することがある問題
  • 一部のユーザで、“ワークアウト”のGPS経路やヘルスケアデータがApple WatchとiPhone間で同期されない問題
  • CarPlayダッシュボードで、オーディオが“再生停止中”と誤って表示される問題
  • デバイスがワイヤレスで充電されない可能性がある問題
  • iCloudバックアップからiPhoneを復元した場合、またはiPhoneの移行機能を使用して新しいiPhoneにデータを転送した場合に接触通知が無効になる問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/kb/HT201222

とのこと

上記の修正点や変更点の詳細は、アップデート画面にて表示される「詳しい情報」の項目をタップすると、「このアップデートについて」として確認することができます。

 

iOS 14.2へのアップデート方法

なお、「iOS 14.2」へのアップデートはパソコンに繋がなくてもiPhone単体でできるOTAで行うと便利です。
OTAとは「Over The Air」の略称です。

手順はいたってシンプル
ホーム画面より
「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」

ここからアップデートを行うことができます。

アップデート作業の注意点として、まずはアップデート中の不慮の事態に備えてバックアップをしっかりと取ったうえで行うことが肝心です。いざという時にバックアップがあれば元の状態へ戻すことが出来ます。

また、パソコンを介さないOTAでのアップデートではネットに接続している回線によってスピードや安定性が大きく左右されます。
できるだけ高速で通信が安定しているWi-Fiに接続して行いましょう。

またバッテリー残量にも気を付けてください。

バックアップをしっかりと取ったうえで安定したWi-Fiに接続し、電源に接続しバッテリーをしっかり確保した状態で行うことがベストです。

iOSのアップデートについては、下記の公式サイトに詳しいです( ^ω^ )
support.apple.com

 

アップデート所要時間

私が現在使用している「iPhone 12 Pro」にてOTAアップデートを行ったところ、ダウンロードからアップデートの準備完了までに約15分。

そこから「アップデートを検証中」を経て、インストールの完了までに約10分。

結果、ダウンロードの開始からインストールの完了まで、トータルで約25分ちかくかかりました( ̄▽ ̄)

Appleのサーバの混み具合なども影響があるかのかと思いますが、アップデートを行う際には時間に余裕をもって行うようにしましょう。

 

同時に「WatchOS 7.1」もリリース

さて、ついに公開された「iOS 14.2」

その公開と共に、「WatchOS 7.1」もリリースされています( ^ω^ )

今回リリースされた「iOS14.2」と「WatchOS 7.1」。

なお、Apple Watch Series 4以降に搭載されている目玉機能の一つに”心電図”Appがあります。
日本での”心電図”Appの対応も、もう間も無く対応するのでは?という憶測がありましたが、今回の「WatchOS 7.1」では対応しませんでした( ̄◇ ̄;)

この通り、

  • 韓国とロシアでApple Watch Series 4以降の”心電図”Appに対応
  • 韓国とロシアで不規則な心拍の通知に対応

と案内があり、韓国とロシアでの対応がリリースされていますが、日本での”心電図”App対応は表示されていません・・・。
いつ日本でも”心電図”Appが利用できるようになるのか、今後とも注視していきたいです。

 

iOS14.2

と、今回リリースされた「iOS14.2」

公開直後の最新の「iOS」です。

いち早くインストールして使用してみたいと思う気持ちがわいてきますね♪

しかし新しいバージョンの「iOS」がリリースされて付き物なのがバグというやつです。(*´Д`)

「iOS14.2」自体が、機能の改善や問題の修正に重きをおいてリリースされたもののようですので、アップデートすることが好ましいかもしれません。

しかしながら逆に、いの一番にアップデートしてみたら、何か「アプリ」や「システム」自体の挙動がおかしくなった!?という、不具合に遭遇しちゃうなんて可能性もあり得ます。

ですので現在、「iOS14」もしくは「iOS 14.1」で不自由なく利用できているユーザや、「iPhone 12」シリーズへ機種変更の予定のないユーザの場合など、そんなに慌てて「iOS 14.2」にアップデートする必要が無い!というiPhoneユーザの方々は、すぐにアップデートを行わずに一定期間は様子見するというのも一つの手です。

現に、特定の「アプリ」に限らず、新しい「iOS」へのアップデート直後に、Wi-Fiへの接続が不安定になるなど、システムに関する部分に何かしらの不具合が発生したことが過去にはありました。

とはいえ、私は早速「iOS14.2」へアップデートを行いましたが、、(^◇^;)

では、今回は以上です。
ほなまた。

  • コメント: 0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。