【iPhone6s/6s Plus】A9チップ、TSMC製とSamsung製でバッテリー持続時間の違いが明らかに!判別方法も!

  1. iPhone

A9 TSMC Samsung

ちょとした話題になっていますねぇ(´・ω・`)
「iPhone6s」と「iPhone6s Plus」に搭載されている「A9」チップはTSMC製とSamsung製の2種類があるそうです。
このTSMC製とSamsung製のA9チップの違いがバッテリー持続時間に大きく差がでているとのこと。

f:id:bambamboo333:20151008120550j:plain


MacRumorsより。
「iPhone6s」「iPhone6s Plus」に搭載されているA9チップの比率は60対40の割合でTSMC製のほうが多いことが判明しているそうです。また、TSMC製がSamsung製より若干大きいこともわかっています。しかしこれまで、両社のチップには性能面ではほとんど差がないとされてきました。

ところが一部のバッテリーベンチマークテストにおいて、TSMC製がSamsung製A9チップを上回る結果を出していることが明らかになりました。

ただし、これらのテストでA9チップ以外の条件がすべて一致しているかどうかを確認するのは難しいうえにサンプル数が少ないため、テスト結果だけを根拠に判断するべきではないと、MacRumorsでは述べています。

Redditに掲載されていたテスト結果がこちらです。

f:id:bambamboo333:20151008122134j:plain

【 左がTSMC製、右がサムスン製】

バッテリー100%の状態の「iPhone6s Plus」を用意して、Geekbench 3を含むバッテリーテストを実施した結果です。

TSMC製のA9チップを搭載した「iPhone6s Plus」では7時間50分20秒というスコアに対して、Samsung製のA9チップを搭載したものでは6時間5分20秒という結果。

2時間近くの差

もちろんA9チップ以外の条件がどれだけ一致しているのか不明な状況のため単純に比較するのは難しいですが、約2時間近い差が結果としてでています。

この結果を公開したユーザーによると、何度も同じテストを繰り返したものの結果に変わりはなく、テストは同じ設定で行ったそうです。しかし、サンプル数が少ない事からあくまで参考データと捉えておいた方が良いとのこと。

またAnTuTuベンチマークを使ったテストを実行した結果も公開されています。

f:id:bambamboo333:20151008123842j:plain

【 左がTSMC製、右がサムスン製】

AnTuTuベンチマークテストを12回実行後のバッテリー残量が、TSMCの残量77%に対し、Samsungは71%となっています。


判別方法

これらの結果をみると、TSMC製のA9チップの方が省エネ性能が高い可能性があるように思います。
では、実際に自身が持つ「iPhone6s」と「iPhone6s Plus」がどちらのA9チップを搭載しているのかが非常に気になりますね、、(;´・ω・)

その判別方法を「気になる、記になる…」さんが紹介してくれています。

1、上記の「Lirum Device Info Lite – System Monitor」というアプリをインストールします。

f:id:bambamboo333:20151008125119j:plain

2、アプリを立ち上げるとiPhoneに関する情報が表示されます。その項目の中で赤枠で囲った「model」の表記からTSMC製かSamsung製かを判別することができます。

f:id:bambamboo333:20151008125342j:plain

表記によるメーカーの判別方法は下記の通りとのこと。

【iPhone 6s】

  • N71AP:Samsung製
  • N71mAP:TSMC製

【iPhone 6s Plus】

  • N66AP:Samsung製
  • N66mAP:TSMC製

私の「iPhone6s」の例でいくと「model」項目の記載が「N71AP」となっているので、Samsung製のA9チップであることがわかります。

(´・ω・`)
(;´・ω・)
(´・ω・`)

いやはやSamsung製のA9チップでした。。(;´・ω・)
あくまでも今回ご紹介したバッテリーベンチマークテストは一つの目安であり、Samsung製であれTSMC製であれ、そのことだけで一喜一憂するのもおかしな話なんですが、、
TSMC製であることを密かに願っていた私としては、とほほな結果です。。

ただ、Samsung製のA9チップだからっといって日常生活に支障がでているわけではありません。
バッテリーの減り具合も、以前使用していた「iPhone6」と比べてもまったく同じような感覚で気にならない程度であり、めちゃ減り早いやん!なんてことは感じておりません。

ただ、TSMC製のほうだったらもっとバッテリーの持ちがよかったのかもと思うところも正直ありますが。。(;´・ω・)

せっかく手に入れた「iPhone6s」「iPhone6s Plus」のA9チップがどちらか気になる方は上記のアプリで確認してみてはいかがでしょうか?
ただ何度もいいますが、TSMC製とSamsung製、どちらのものであったとしても、あくまでもひとつの目安程度に軽く受け止めるほうが精神衛生上よろしいかと思います。

では、今回は以上です。
ほなまた。

via MacRumors気になる、記になる…さん


コメント

    • nono
    • 2015年 10月 09日

    高負荷な作業を行った際バッテリー持ちに差は出ますが、日常生活で使う分には差が無いみたいなので、そんなに気にする事では無いかと。チップのメーカーで勝ち組とか負け組とか、当たり、ハズレなどと決め付けて書いてるところもありますが、自分からしたら大袈裟に書いてるようにしか感じないですね・・

    • bambamboo333
    • 2015年 10月 10日

    nonoさん
    本当におっしゃる通りですね。
    日常使いではそれほど差はないとAppleも声明を発表していますし。
    そうなんだぁと軽く受けとめてるくらいでいいんじゃないかと思います。

    • nono
    • 2015年 10月 10日

    勝ち組とか負け組とか、当たり、ハズレなどと書いてるを見ると、その書き方ってどうなの?誇張しすぎって思っちゃいますね、去年も6Plusは曲がりやすいって話題になりましたよね。ベンドゲートと呼ばれ、あれも一部の人が騒いで大きな問題になって。そもそも手で曲げる実験ってどうなのみたいな。日常生活でiPhone使ってて手で曲げる機会ないなんて無いのに、まぁ今回の件もそれの一つだと思いますね。一部ではチップゲート(Chipgate)なんて呼ばれてますが

  1. この記事へのトラックバックはありません。