Apple 「iOS11.3.1」をリリース!その変更点は?アップデート方法は?

  1. iOS

iOS11.3.1

本日未明、Appleが「iOS11.3.1」をリリースしています。

f:id:bambamboo333:20180425055600j:plain

主な変更点は、

  • 非純正の画面に交換されたiPhone 8デバイスでタッチ操作に反応しなくなる問題に対処

とのこと。

アップデートはiTunesへの接続、もしくはOTAで行うことができます。

iOS11.3.1へのアップデート方法

「iOS11.3.1」へのアップデートはパソコン(iTunes)に繋がなくてもiPhone単体でできるOTAで行うと便利です。
OTAとは「Over The Air」の略称です。

手順はいたってシンプル
ホーム画面より
「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」

ここからアップデートを行うことができます。

アップデート作業の注意点として、まずはアップデート中の不慮の事態に備えてバックアップをしっかりと取ったうえで行うことが肝心です。いざという時にバックアップがあれば元の状態へ戻すことが出来ます。

また、パソコン(iTunes)を介さないOTAでのアップデートではネットに接続している回線によってスピードや安定性が大きく左右されます。
できるだけ高速で通信が安定しているWi-Fiに接続して行いましょう。

またバッテリー残量にも気を付けてください。
バッテリー残量が50%以下だと、電源ケーブルに接続しないとアップデートができません。
50%以上であっても、電源ケーブルに接続して行うのがベストかと思います。

バックアップをしっかりと取ったうえで安定したWi-Fiに接続し、電源に接続しバッテリーをしっかり確保した状態で行うことがベストです。


アップデート所要時間

私が現在使用している「iPhone X」でOTAアップデートを行ったところ、ダウンロード(インストールの準備完了)までに約10分。そしてインストールの完了までにトータルで約20分ちかくかかりました( ̄▽ ̄)

f:id:bambamboo333:20180425055546j:plain

Appleのサーバの混み具合なども影響があるかのかと思いますが、アップデートを行う際には時間に余裕をもって行うようにしましょう。

アップデート内容は?

さて、今回の「iOS11.3.1」

「iPhone 8」等の画面を非純正の画面に交換した(していた)場合、先般公開された「iOS11.3」にアップデートした後に、タッチ操作ができなくなるという問題が報告されていました。

不具合はバグ?

Appleはこのタッチ操作ができなくなる問題に対し、今回「iOS」をアップデートする形で対応しています。
つまりこのこの問題は、「iOS11.3」のバグだったようです。

「iPhone 8」を非純正のディスプレイに交換し、上記のような問題に悩まされていたユーザは、速攻でアップデートを行うと良いでしょう♪

しかし、このタッチ操作ができなくなる問題は、「iPhone8 Plus」や「iPhone X」でも発生するとも言われていました。が、「iOS11.3.1」のリリースノートには「iPhone8 デバイス」としか明記されておらず、他の「iPhone」への対応についてはふれられていません。

また、これまでには「iOS」の新しいバージョンがリリースされる度に、バッテリーの消費が早くなったとか、特定のアプリが利用するできなくなってしまったなどと、不具合が報告されることが多々あります。

これまでにこれといった不具合が無く、「iPhone 」を利用出来ているユーザは、「iOS11.3.1」へのアップデートはしばらく様子見をして、後日アップデートするのもひとつの手です。

かくいう私は、タッチ操作が不能になる問題などありませんでしたが、速攻でアップデートし ましたが。。。
(´∀`=)

と、いまのところ、「iOS11.3.1」へのアップデートによるものと思われる不具合は発生しておりません。

では、今回は以上です。
ほなまた。


  • コメント: 0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。